桜と苔とノースフェイス

皆様 おはこんばんちわ。
カメラが趣味 金井です。

注 今回 かなり長いです。
こちらは昨日僕が撮影したものです。
今回は コレに至るまでのお話しです。(またもや美容室関係なくてすみません。)

今回 東京から友人が傷心旅行に来たことから始まります。

YUMA.T氏
このファンキーな男。
28歳からカナダ留学をするという自由な男。
且つ、カメラが趣味。
且つ、職場が代官山というオシャレな男。
且つ、睡眠時間2時間でいける超絶仕事人。
且つ、hiphopな男。
且つ、ぎっくり腰持ち。

彼が傷心をし、大阪に来た。僕を訪ねて大阪に来るのは もう二回目になる。
いい奴である。

彼もそうだが、迎え撃つ僕も 基本ノープランが好きなのだ。

だから、このように
彼はジーパンにスウェットパーカー。ショルダーバッグ。
対して僕は 防水加工されたノースフェイスのアウトドアパーカー。防水加工されたリュックサック。という服装の違いになる。

そう、彼には伝えてなかったが 今日僕は この雨の中 吉野山に登り桜を撮影しようと思っていたからだ。

ただ、ここで怒る彼ではない。
笑って了承し、二人で吉野に向かうことになった。

道中、ロープーウェイにぎゅうぎゅう詰めされるなどの いろいろなハプニングがあったが、長くなるので割愛させていただきます。

ロープーウェイから降り、僕らは雨の吉野に到着した。
3分で到着するのに360円は高くないか?という思いを抱えつつ 坂道を登っていく。

この時期、手前にはもう桜はない。
僕らが目指すのは奥千本だ。

急な坂道を登りながら 彼のぎっくり腰が気になる。
しかしながら そんなことよりも 彼の防水加工等されていない スウェットパーカーがどんどんと濡れて色が変わっていくのが気になっていた。


これは一刻も早くバスに乗って 奥千本を目指さねばならない。
彼に風邪をひかせるわけにはいかない。

しかし、ここでアクシデントだ。
春時期は混雑を避けるためか 手前のお店ゾーンにはバスが通っていない 竹林院からならバス出てますよ。との張り紙が…。

竹林院…?


な、なんと…

おい、半分は歩くという事じゃないか!!

そんな…その頃にはYUMA氏は雨の日の捨て猫みたいになってるぞ。

恐る恐る彼の表情を見ると…彼は笑っていた。

流石である。


やっとの思いで バスに乗り込み 15分ほど山道を登っていく。
道中も、前の席に座る彼のびしょびしょのスウェットパーカーが目に入る。
それに比べ 僕の防水加工されたパーカーの秀逸さを誇らしげに思った。
流石でノースフェイスである。


バスが到着し、僕らの目の前に立ちはだかったのは 修行坂。

今までとは比べ物にならないほどの坂道。

しかし、そこを登れば桜が咲いているはずである。

後少し。

必死に登った。僕らは必死に登った。
上に着いたらご飯を食べよう♪と言っていたのに奥千本に食べ物屋らしきものが皆無だった無念を飲み込みながら 必死に登った。

途中彼のぎっくり腰が気になったが、

笑っていた。

流石である。
そしてこの頃にはスウェットパーカーは脱いでいる笑

そして、修行坂を登り終えた。

桜無いね。

散ってるね。

しかしながら YUMA氏は

なんか楽しそうに撮っている!笑


そうだな!これが俺たちじゃないか!

ノープラン、それでどんなに失敗しても笑い飛ばし、反省しない!後悔しない!

ノープランでしか味わえない醍醐味というものがあるよな!

これが俺たちが 御案内する 新しい旅の形!


撮るぞー!

いや…いやいや。
苔と朽ちた木しかないじゃないか。

ハハハ。

そんなわけで僕らの旅は終わった。



余談だが、帰り道のとうふカフェみたいな所での昼食。

僕は大好物のラーメンを啜ったが、YUMA氏は…

とうふパンケーキとストロベリーアイス。

どこまてもオシャレな奴である。

〜STAFF募集中!お問い合わせはこちらまで⇨0729-58-1777〜

【Facebook】

https://www.facebook.com/luce.for.hair

【ご予約】

0729-58-1777 (完全予約制)

住所

〒583-0854 大阪府羽曳野市軽里1-3-4新栄プロパティ

0コメント

  • 1000 / 1000